KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

元キャストが選ぶ、浴衣ディズニーするならどっち?

こんにちは!

伊勢型紙とwebコンサルタントのハイブリッド職人、きむらあつしです!


 Instagram 東京ディズニーリゾートから


さて、毎年恒例の浴衣ディズニーがやってまいりました!!

浴衣で、ディズニーランド、ディズニーシーに遊びにいける期間は6/16〜7/7まで。

この期間をのがすと、また来年です…


このきむらあつし、実は学生時代、ディズニーランドで2年ほどキャストをしていました!

その経験と着物好きをいかし…


浴衣ディズニーするなら、ランド?それともシー?

について語ります!!


おすすめするのはもちろん、シー!

いろんな要因はありますが、断然、シーです!

ちょっとその理由について、かいてみます。


ベンチが多いのは?

慣れていないと、浴衣って大変。

ただでさえ、広くて歩き疲れるのに、浴衣でなんて…

なので、1時間に1回ペースでやすんでください。


でも、ベンチも混んでたりします…

しかし、シーは違います!!

ベンチの数に関する正確な調査はありませんが、

ランドに比べて、シーのベンチ設置数は圧倒的に多いんです!


これなら、ちょっとぐらい混んでても、大丈夫ですね。


着崩れた!ちょっと木陰に…

浴衣もやっぱり着崩れます。

これは、着物をよく着るひとでもしかたがないこと。


ならどうするか。

ちょっと崩れたときに、なおしたらいいんです!

そうすれば、きれいに着続けることができます。


でも、たくさんのひとがいる園内。

そのなかでなおすのは、恥ずかしいですよね…

でもシーはちがいます!
たくさん木陰があるんです!!


ランドの場合、地面のバリアフリーがとてもすすんでおり、階段はほとんどありません。

そのせいか、全体的に見通しやすくなっています。


しかし、シーはバリアフリーに配慮しつつも、階段がたくさん設置してあり、いりくんでいます。

また植物もたくさん配置してあります。


シーなら、ちょっとした木陰にはいって、ちゃちゃっとなおせますね!


歩き疲れた…移動しやすいのは?

普通の服でさえ、1日歩けばつかれる、ディズニー。

浴衣なんて、もっとつかれます。


そこで利用したいのが、園内の移動アトラクション。

ランドの移動アトラクションは、同じところに帰ってくるだけの周回移動。

一方、シーは園内を一周まわる、トランジットスチーマーライン、アメリカンウォーターフロントとポートディズカバリーを結ぶ、エレクトリックレイルウェイという2つの移動アトラクションがあります。

疲れたときはこの2つに乗れば、どこにでもいけます!!

とてもありがたいですね〜


歩き疲れた…ショーを見ながら、休憩したい…

もう移動もしたくない…

わかります。

そんなときは、ショーです!

ランドに比べると、シーは落ち着いてゆっくりみられるショーアトラクションが多くあります。

休憩しながら、ショーをみられるっていいですよね!


これらの理由から、シーをおすすめします!

シーは本当にオススメです!


かといって、浴衣でランドというのもいいとおもいます!

あのファンタジーな空間と浴衣って、どこかおもしろいですしね!


ちなみに下駄はおすすめしません!

浴衣といえば、下駄ですよね?

でも下駄ってなれてないと、痛い…

ましてや、たくさん歩くディズニー。

悲惨なことになるのはわかりきっています。


ってことで、ヒールいいじゃん!

男性なら、スニーカーでいいとおもいます!

東京ディズニーリゾートHPから


公式のページでもおすすめしてますしね。

意外と、浴衣とヒールってあいますね!

てか、このミッキー結びすごいですね!!

あぁ〜久しぶりにディズニーいきたくなってきた…


以上、元キャストがおすすめする、浴衣ディズニーはシーでした!