KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

おまけのしおり、こうやって作りました!

こんにちは!

伊勢型紙とwebコンサルタントのハイブリッド職人、きむらあつしです!


別の案件で、浜松に向かっている電車の中です。

今回は、#職人がみえるてぬぐいに同封させていただいた、しおりについてです。


伊勢型紙のしおりってよくあるの?

あります!

職人さんたちも昔はたくさん彫ってました。

道具彫りでつくった、細かいものは本当に贅沢なしおりです。


今回は、てぬぐいのデザインにあった、水草をつかいました!


まずは小本作り

なにごとも下準備って大事ですよね。

伊勢型紙もそうです!


まずつくるのは小本。

これはデザインの基本となるものです。

下絵をかいて、バランスをみながら、ちょっとずつ手をくわえていきます。


下絵が終わったら、彫りです。

今回は2枚の小本をつくりました。


下絵をかいたのは、いつもつかう地紙。

参考記事:切り絵に最適!彫るためだけに作られた地紙


2枚目はSTといって、プラスチック製のもので、強度があります。

なので、何度もつかう小本にはとても便利なんです!

じゃあ、STに下絵をかけばよかったのでは?

実は鉛筆ではうまくかけないんです。

なので、下絵は地紙、つかうのはSTという使い分けました。


これで準備完了!


本番は大きな地紙に

まずは地紙を2枚重ねます。

そうすれば、1回の彫りで2枚、1/2の時間でできちゃいますからね!


次に、つくった小本をその地紙に、炭とはけでうつしていきます。

すべてうつし終えたら、ひたすら彫りです。


使ったのはこの道具たち。

右から、引き彫り用の小刀、丸をあける錐が2本です。

錐は水草の玉用ですね!


ちなみに錐はたくさんの大きさがあります。

1番〜15番ぐらいまであり、数が大きくなればなるほど、あけられる丸も大きくなります。

今回はばらつきをだしたかったので、5番と7番の大きさの違う錐を使いました。


1日でできるかなと思っていたのですが、2日もかかってしまいました…
でも、どうにか間に合ってよかったです!


ご購入いただけたかたは、ぜひお使いくださいっ!