KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

幻の細川染めは、板場の腕の見せどころ!

こんにちは!

伊勢型紙とwebコンサルタントのハイブリッド職人、きむらあつしです!


さて前回は注染職人さんのざっくりとした記事をかきました。

注染職人は、板場と紺屋の二人三脚で!?


注染は、布にのりを置いて染まらないように防染し、染料をさしていきます。

今回は、布にのりを置く板場さんの作業工程です。


板場は森本圭さんに!

今回の板場は森本さんです。

職人歴10年ちょっと。

注染職人の中では若手ですね!


森本さんとは、今年の3月、浜松の注染イベントにお邪魔したときに。

そのときから、手ぬぐいをつくるときは、かならずお願いしようと思っていました。


これからの浜松の注染を背負っていくであろうひとであると、ぼくは確信してます!

それぐらい、心の中に熱い想いをもっておられる方です。


やっぱり下準備は大事!

板場が用意するのは、型紙とのり。

型紙は数日前から水につけておいて、伸ばします。

その型紙を専用の木枠に張っていきます。

このときに大切なのが、紗張りがうまくいっているか。

木枠に張っていくとき、ぴしっと張らなければなりません。

もし、波うっている型紙だと、うまく張れないためです。


今回の紗張り、どうか聞いてみると…

うまく張れているとのことでした!

紗張り職人の田中さんに報告しないと!!


のりは、餅粉、海藻の粉、ぬか、ベントナイトを混ぜたもの。

森本さんはこれにちょっとしたものを足します。

企業秘密ですね!

これらに水を加えながら、専用の機械でまぜていきます。


模様が細かいものであれば、かために。
模様が大柄のものであれば、やわらかめに。


この感覚は修行していかなければ、身につかないものですよね。


板場の仕事、のりおき

下準備が終わったら、いよいよのりおきです。


のりを同じ厚さで置いていく。

これが難しい!

また、のりにゴミがついていないかを見ながら、置かなければなりません。


おいたら、布を折り返して、柄にあうように布を置いていきます。

これを1反分が終わるまで繰り返します。

1反で12〜13本の手ぬぐいができるので、今回は9反ぐらい染めてもらいました。


のりおきがおわったら、最後に木の粉の中にいれて、終了!

これは、のりでベタつかないようにするためです。

板場さんの仕事はここまで!


難しい細川染めは、板場の見せどころ

こんな記事を書きましたが、

注染、細川染めが幻になった3つの理由

やっぱり相当、難しいようです。


細川染めは1回目の染めた柄にうまく合わせていかないといけません。

なので、どうしてもズレてしまいます。

「初めてなので、できるかどうか…」

と言いながら、そこは職人!


ズレを最小限に抑えて、きれいにのりおきをしてくださいました!!

簡単に動画でもまとめてみました!


次はいよいよ染料をさす、紺屋さんの作業を〜

#職人がみえるてぬぐい、まだまだ続きます!