KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

デザインが違う?注染の技法、さしわけ

こんにちは!

伊勢型紙とwebコンサルタントのハイブリッド職人、きむらあつしです!


伊勢型紙の工程もおわり、いよいよ染めにはいります。

ここで、ちょっと出来上がった型紙について、解説します。


あれ?デザインとちがう?

これが、デザイン案。

そして、これが彫った型紙。

ちょっと違いますよね?

水草が一本、なくなってたり…

短くなってたり…

玉がなかったり…


実は、ここに注染ならではの事情があります。


注染の技法、さしわけ

注染の場合、色を染めるときに、色が目的のところ以外に入らないよう、のりで防壁を作ります。

この防壁をつくるためには、5mmから7mmのすきまが必要になってきます。

この水草のデザインを変更したのは、防壁をつくるためだったんです。


でもここだけじゃおかしいな〜と思って…

あえて、水草の玉をとばしているとこもあったりします。


隠れ水草。

彫り師、きむらあつしの遊び心です。

#職人がみえるてぬぐいがお手元に届いたとき、ぜひ、探してみてください!


#職人がみえるてぬぐい、まだまだ続きます。