KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

伊勢型紙職人がつかう、当て場って?


こんにちは!

伊勢型紙とwebコンサルタントのハイブリッド職人、きむらあつしです!


なんか暑くなったり、寒くなったり…

なんか大変ですね。

みなさんも体調には充分お気をつけてっ!


今回もマニアックなはなし。

伊勢型紙職人が仕事をするスペース、当て場です。


斜めになってるんです

全体的にはこんな感じ。

横から見ると…

そうなんです!

斜めになってるんです!


なんで斜めなの?

単純に彫りやすいからです。

彫る時、姿勢はこんな感じになってます。

撮影 田安仁


1日中、腰をまげて座っているのは本当に苦痛。

まずは座るのが修行といわれるほどです。

それを少しでも軽減するために、斜めになってるんですね!


垂直に彫るため

もう1つの理由としては、型紙を垂直に彫るため。

型紙は基本、1枚では彫りません。

3枚〜8枚ぐらい地紙を重ねて彫るんです。

これは同じものを大量に、かつ早く彫るためです。

まさに量産!


そして、もし小刃が垂直にはいらず、斜めになると…

いちばん上の紙の彫りといちばん下の紙の彫りが違ってくるんですね。

これでは商品にはなりません。

なので、伊勢型紙職人にとって、垂直に彫るというのはとても重要なんです!


祖父の当て場があったんです!

当て場は職人が大工さんなどにたのみ、作っています。

特注なんですね!


そして、ぼくも彫りの練習をしようとしたところ…

実は親方の家にあったんです!
祖父の当て場が!!

立派な当て場だったので、残してくれてたんですね。

ありがたい。


ということで、ぼくは祖父の当て場をつかっています。

よく見ると、なんか落書きがあったり…

傷があったり…


嬉しいですね!

#職人がみえるてぬぐいも、もちろん祖父の当て場をつかってます!!

祖父も自分が使っていたものを孫が使うとは思ってもなかったでしょうねw


#職人がみえるてぬぐい、まだまだ続きます!