KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

伊勢型紙工程、彫りが終了しましたっ!

こんにちは!

伊勢型紙とwebコンサルタントのハイブリッド職人、きむらあつしです!


ただいま朝の5時。

朝に色々、すませてしまうのは気持ちがいいです!

早起きオススメ!


この前は

あと63枚かお蔵入りか。応援お願いします!

という記事を書きました。


無事、100枚を超えるご予約をいただきました!

100枚限定だったので、一旦、申し込みをストップさせていただいている状況です。

キャンセル分につきましては、こちらからお問い合わせください


みなさん、本当に応援ありがとうございました!!

そして、ご購入いただいたみなさま、完成までもうちょっとまちください。


さて、#職人がみえるてぬぐいの彫りの工程がひと段落。

ここまでをちょっとまとめてみます!


型彫り工程はこちら

ちらっ。伊勢型紙職人の仕事場をライブ配信!

あと32枚かお蔵入りか。応援お願いします!伊勢型紙工程、2/3終了!


最大の仕事、彫りが終了!

型紙をつくる工程として、

彫り→裏張り→つりきり→紗張り

という流れになります。


今回はその1番はじめの段階です。

これがビフォー

そして中間の

彫りつづけて、アフターに

という感じですね!


そして、今回は2枚型。

もう1枚、彫ります!

彫り終わった型紙を新しい紙の上に置いて、墨で色をつけて…

色が入る部分を彫っていきます。

途中で自分の手を切るというアクシデントもありましたが、日常茶飯事!

親方なんて、瞬間接着剤で傷口をふさいじゃいます。

ぼくにはまだその勇気がありません。

そして完成!!!

この彫りだけで4日。

それぐらいのひと仕事なんです。


あれ?なんかおかしくない?

イメージ図を見てくれていたかたはわかるかと思います。

ちょっと?いや、だいぶ違いますよね!


これは伊勢型紙特有の概念、「つり」をつけてるからなんです。

つりとは模様を仕上げの段階まで、固定する技法。

ちょっと詳しく説明できないので、これに関しては次回の記事に!


彫り工程のライブ動画もあるのでどうぞ!

#職人がみえるてぬぐい、まだまだ続きます!