KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

友禅も小紋もアンティークも実は伊勢型紙!

こんにちは。伊勢型紙見習い職人、きむらあつしです。

どこも雨が続いてますかね。

ぼくは雨、好きなんですけどね!


今回は伊勢型紙のいろはについて。

そういえば、伊勢型紙ってなんなのか書いていませんでした。


着物好きでも知らない、伊勢型紙

伊勢型紙ってほとんど知られていません。

なぜか。

だって、みなさんの前には絶対にでてこないものだからです。

ザックリいうと伊勢型紙は染めるときに使うもの。

染めの職人さんが使う道具でしかありません。

そんなもの、知らなくて当然ですよね!


実は身近にある伊勢型紙を使った着物

着物の種類をざっくりとまとめてみました。

まず、着物には染めと織があります。

そして、染めは手描きと型染めにわかれます。

型染めとはいわゆる量産型。

たくさんの反物を同じ柄で作りたいときにつかうのが型染めです。

今でいう、プリントの昔のやり方ですね!


じゃあ、型染めはどんなところに使われているのか?

代表的には、江戸小紋、京友禅、金沢友禅、注染になります。

実はこれら全てに伊勢型紙が使われているんです!!

最近、若い人たちに人気なアンティーク着物なんかまさに伊勢型紙が使われています。

あなたが持ってる着物の中にはたくさんの伊勢型紙が使われた着物があるんです。


5年後にはなくなる、本物の型染め

伊勢型紙職人の平均年齢は70代前半です。

その職人の大半は、仕事がなかったり、体が悪いため、ほとんど働いていません。


もうそろそろ伊勢型紙も終わりです。

そして型紙は伊勢型紙がシェア100%。

となると、新しい型紙は作れなくなるので、本物の型染めはなくなります。


なので、今、持っている型染めの着物はとても貴重なもの!

大切にしてくださいね!


そんな状況を打破するために、企画したのが#職人がみえるてぬぐい。

手ぬぐいの全行程を職人とその技術に焦点をあて、完成までをおつたえするものです。

仕事場をのぞきみしているように書いています。

もしよければぜひ、こちらからご覧ください。


こう客観的にみると、お先真っ暗なところにはいっちゃったのがすごくわかりますね。

まぁ好きなんでしょうがない!笑