KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

新しい!学生が提案する伊勢型紙のつかい方

こんにちは。きむらあつしです。

今日はどこも雨ですかね。

ぼくも今日のランニングはおやすみです。

そして、まだまだ樹木希林さんの記事が読まれててびっくりします。ありがたい。


さて今回は先日、伊勢型紙展をおこなっていた、名古屋造形大のおはなしです。


名古屋造形大に潜入!

きっかけはこれらのツイート。

これは行かねばと思い、予定を全てキャンセル!

2時間かけて、行ってきました。

ちなみに伊勢型紙のエゴサはいつもしています。


伊勢型紙、こんな使い方もあった!

学生さんって固定概念がないので、本当におもしろいですよね。

この作品なんか、どこか江戸小紋を思わせるかんじがいいです。

遠目では、無地だけど、近くでみると模様がみえてくる。

まさにざ・江戸小紋です。


これもおもしろいんです!!

これ、紗を消さずにそのまま紗も模様としていれてるんですよね!

紗が模様になるなんて考えもしなかったです!!

職人にとって紗はただの補強。

それを模様にするなんてびっくりぽんです!

こういう缶バッチもいいですよね!かわいい!!

これらの作品は染めたり、スキャナーをかけて、そのままデザインとして使っているそうです。


伊勢型紙をここまで考えて、利用してくださるなんて嬉しい限りです!
いろんな美大や芸大が伊勢型紙を所蔵していますが、ここまで活用できていません。
本当にすごいことだと思います!

美大生、芸大生のみなさん、伊勢型紙は必ず大学に所蔵されているはず。

もし伊勢型紙を使って何かつくりたければ、先生に相談してみてください!


これは展示してあった1メートルぐらいの型紙。

寄せ小紋。

このように様々な模様が噛みあわさっているものをいいます。

大きな型紙に彫ってあるのは、模様の繰り返しがわからないようにするためですね。

染屋さんが泣く、すごく大変な型紙です。

これも使うためにスキャナーをかけたみたいですが、うまくできなかったようで…


名古屋造形大学に型紙がある理由

名古屋造形大学は2万点以上の型紙を所蔵しています。

これらの型紙はコレクターや廃業の染屋さんから寄付していただいたそう。

保管庫にはいり、2000枚ほど見させていただきましたが、すごいんです。

江戸中期から明治頃までを保管しています。

時代ごと保管されているので、とても見やすく、模様の変化や技法の変化を見ることができました。

ここまで徹底して管理しているところってなかなかないです。

そして、その所蔵の中には…

当時、零戦を買えた値段ほどの型紙も!!

拝見できなかったのが残念です…


伊勢型紙ワークショップも開催

今回はオープンキャンパスだったので、高校生を対象にした、ワークショップも行っていました。

これはストーンペーパーというもの。

伊勢型紙の地紙とおなじかんじですね。

模様はレーザーカッターで抜いていました。

そんな発想が!!

僕なら小刀で切っちゃいます。

これを使って、高校生の方々がスケッチブックを染めていました。

伊勢型紙展は5月27まで!!

27日まで延長されたとのこと!

名古屋造形大学までのアクセスはこちら

本当にオススメです!


こういうイベントに行くのはいいですね!

固定概念をゆすぶられるのがすごくいいんです。

だって、もうまわりが頭の固い、おじいちゃん職人ばかりですからね笑

今後も美大、芸大などの伊勢型紙に関した展示は足を運びます!!