KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

最先端の商売!手描き友禅の目指す未来がすごい!

こんにちは。

きむらあつしです。

そろそろ着物が暑くなってきた季節ですね。

でも日傘をさすとだいぶ違ってくるみたいで。

ちょっと試してみます!

三島さんのツイートはとても勉強になるので、着物を着られるかたはフォローをオススメします!

今回は手描き友禅組合のすごい取り組みについてです。

写真は京都手描友禅組合からの引用


京都手描友禅組合が最先端すぎてやばい!

携帯電話で読み取ると、職人名や作業の写真を見ることができる。着物に貼付することで手描き友禅製品としての信頼性を高め、需要の拡大につなげる。
生産者の氏名や作品名に加え、下絵や防染用ののり置き、手描きなど作業中の写真が表示される。
近年、増加しているインクジェットや型染めの着物と手描き製品の違いを分かりやすくするため

簡単にまとめると、

QRコードでその手描き友禅の職人、技や裏側がみれるってことですね!

その名も「友禅トレーサビリティシステム」というものらしいです。

なんかカッコイイですよね!!

和訳すると

「友禅のおっかけできるよ仕組み」

なんかこっちもいいな…


バックストーリーの重要性

この組合のなにがすごいって、ここに目をつけたところです。

バックストーリー。


今はモノが溢れている時代。

そして、デザインはどれも似たりよったり。

勝負できるのは価格のみ。

そして、そのしわ寄せは職人にきます。

そんな市場では職人は食っていけません。

特に、分業がおおい手描き友禅は末端の職人が本当に厳しいんだと思います。


しかし、今は価格だけが購入動機である時代ではなくなりました。

その製品のまわりにあるストーリーだったり、自分との関係性だったり、ソフトな部分も購入動機になります。

ぼくの場合、伊勢型紙の人間国宝、中村勇二郎さんが彫った着物を見たときは、ほしくてたまりませんでしたからね!!

まさにこのはなしですね。


あと、安心して買えるというのはいいですよね!

手描きと思ったのに、型染めだった!

プリントだった!!

なんてわかった日にはもう一生、その着物はなんとなく着たくないかんじがします。

それにそれを買った呉服屋さんへの不信感にもなりますしね。


今後も追ってきます!

このシステムの導入は来春とのこと。

いや〜楽しみすぎます!!

というか、取材&勉強させてほしいです!

そして伊勢型紙業界もこんなの作りたい!!