KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

KATAGAMI mean(Origin)

前回までは季節に沿ってご紹介していましたが、今回はちょっと脱線します。


みなさんは伊勢型紙の起源ってご存知ですか?


ん?そもそも伊勢型紙に起源なんてあるんですかね?


実はあるんです。

私も調べていて、びっくりしました。

そんなことから伊勢型紙がはじまったとは思いもしませんでした。


ヒントはこちらの写真です。

こちらは三重県鈴鹿市寺家、子安観音(こやすかんのん)というお寺にある、桜です。

不断桜。

この桜は一年中、葉を絶やさず、春秋冬に開花するとても珍しいものです。

子安観音以外には京都の実光院、滋賀の西明寺などにも植えられています。


気付かれた方はいらっしゃいますか?


ではもう一つヒントを!

(20分ほど探しました。これがなかったらこの先のお話ができないので笑)

そろそろお分かりになった方もいるかと思います。

こちらは不断桜の虫食葉です。

この虫食葉を子安観音の和尚さんが見て、型紙を思いついたそうです。

(起源には諸説あります)


自然にできた紋様から伊勢型紙ができたんですね。


ならこれを真似た型紙もあるの?

はい!ありました!!

祖父の家の押し入れの奥に!

名前は『吹雪』。

職人さんの間では『たたき』というらしいです。


全ての元となったこの柄。

一着だけでもこの柄を持っていると、少し誇らしいですよね。