KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

染め職人の世界をのぞくイベント。キーワードは『渡り職人』

文様の成り立ちや歴史を研究する熊谷博人さんと江戸小紋の染め師、藍田正雄さんの対談イベントが東京で開催されます。

藍田正雄。小紋の反物を買ったことがある方はこの名前に見覚えがあるかも。


今回の対談のキーワードは「渡り職人」。

渡り職人とはどういう意味でしょう?


藍田さんは1つの工房だけではなく、様々な工房で修行をされました。あるときは江戸小紋。あるときは更紗。このように複数の流儀、技法を経験されている現役の職人さんはとても珍しいとのこと。

江戸小紋、更紗など様々な技法を経験したからこそ、生み出せるもの。

渡り職人だからこそ、生み出せるもの。

今回の対談はそこに迫ります。


また藍田さんは若手職人の育成にも力を入れています。

後継者育成のおはなしもされるということで、テキスタイルを学ぶ学生や、職人を目指したい方にはとても良い機会!職人さんから直々にこのようなことは聞けませんから!


もう1つの見どころは、着物好きな方でも楽しめるところ。染め屋さんならではの道具や染め見本。職人さんの仕事道具をのぞきみできちゃいます。自分が着ている着物がどのような職人さんによってつくられているのか。

ぜひ、のぞきみしてみては?



くまさんの文様暦vol.4 対談 江戸小紋師・藍田正雄

日時

10月16日(金)

開場18:15/対談18:30〜20:00/〜20:30交流会(自由参加)

定員

50名

参加費

¥1,500(フリードリンク付き)

会場

東京都中央区八重洲2-3-14ケイアイ興産東京ビル7F

JR東京駅八重洲南口徒歩2分(地下街4番出口徒歩1分)

東京メトロ銀座線京橋駅7番出口徒歩4分

申し込み方法

『参加者名』『参加人数』『メールアドレス』『電話番号(当日連絡のつくもの)』を明記のうえkatakotonokai@gmail.comまで