KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

KIMONO DESIGN media!

KIMONO DESIGN mediaを始めます!


まずはじめに・・・

みなさん、着物の染めってどうやって染められてるか知ってますか?


プリント?

いえいえ、そんな技術はありませんでした(笑)


シルクスクリーン?

そんなものもありません(笑)


着物には様々な染めの手法があります。


その手法の一つとして、伊勢型紙があります。

伊勢型紙は、三重県白子、寺家で作られており、諸説ありますが、1000年ほどの歴史があると言われています。

今では伝統工芸として技術が保存されています。


ただ、着物文化の衰退、価格の高騰により、その利用も少なくなってきました。

それにより、全盛期には数百人もの伊勢型紙を彫る職人がいましたが、今では30人前後、職人の平均年齢は70代後半と典型的な後継者不足になっています。



そこで!!!

ちょっとでもKIMONO、伊勢型紙、そして他の染め手法を伝え、KIMONOに込められた魅力を知って頂くために、このKIMONO DESIGN mediaを作ってみました!!


文様の意味、伊勢型紙の職人インタビュー、ざ・職人”技”、この道具何に使うの?などいろんな形で紹介していきます。


そして、いつかみなさんとKIMONOに込められた魅力を利用した商品などを企画できたら楽しそうだなって思います。


インスタグラム、Twitter、facebookページも作成したので、そちらもよければ、ご覧ください!


では。