KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

正統派を捨てろ!これが新しい男着物だ!!

こんにちは!

伊勢型紙とwebコンサルタントのハイブリッド職人、きむらあつしです! 

9月18日、日本橋でおこなわれた、きもの男子コンテスト。

どんな方が出場したのか!?

ご紹介します!


鈴鹿市市長も参加

実は今回のコンテスト、鈴鹿市市長自ら、審査員ということで、きてくださいました。

縞のざ・江戸小紋の着物でとても素敵です。


熱心にアピール

みなさん、自分のこだわりを熱心にアピールされてました。


例えば、この方。

足袋のワシにこだわっていて…

ちらっと見えるところで、こだわるっていいですよね。


ほかにも自分で帯を染めたり、仕立ててたりする方もいて…

すごいです…


個性派ぞろい!

亀甲の大島だったり、紬だったり…

男の着物ってどうしても地味になりがち。


というのも、そういうものしか置いてないからです。

染物なんてめったにないですよね。

でも、きもの男子コンテストに出場する方々は違いました! 


例えば、福井にある、玄性寺の17代目、霊河さん。

帯、すごいですよね!

ベルトになってるんです!!

これ、欲しい!


そして、あっきーさん。


伊勢木綿を自分用に仕立てたとのこと!

帯、ミミズクさんとこのだったんですね!!


熊谷さんは、赤いハットと、羽織を合わせてきました!

いいですね!

かっこいい!!


田崎さんは、着物にISSEI MIYAKEを…

着物にISSEI MIYAKEを合わせるのっていいですね!


一番左の齋藤さんのアレンジもとても面白かったです。

羽織、帯をアニマル柄に統一。

そして、よ〜く見てください!

帯の上からベルト!

高度なテクニックすぎて、真似できません…


そして、今回は男着物の藤木屋さんも参戦していただきました。


実は、藤木屋さんで、コンテストの動画を制作していただいたようで。

スタイリストさんもついてたんですね。

すごい気合い!


さて、今年は終わりましたが、来年はどうなるか…

期待しましょう!



#職人がみえるてぬぐい 第2弾制作中