KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

バチバチッ!型紙職人と染め職人の対決が!

こんにちは!

伊勢型紙とwebコンサルタントのハイブリッド職人、きむらあつしです! 


型紙が彫り終わり、

生地も決まって、

染め工場も決まって…

ようやく染め工程にはいります!


今回は浴衣専門のペアに

武藤染工場のたいちさんがいろいろ悩んで…

今回は浴衣の染めを得意とする、20代の板場さんと70代の紺屋さんのペアが染めます。

20代の板場さんがいるってとてもいいですよね!

職人の世界に若い人がいるのが珍しいので、とても羨ましいです…


のりがおりるか、おりないか…

実はこの縄とんぼ、浴衣の模様としては細かい部類にはいります。

なので、のりがちゃんと生地にのるように、丁寧にのりおきをしなければなりません。


本当にギリギリのラインだったようです。

もうちょっと小さかったら、潰れるところでした…

そこはギリギリのところがわかっている、親方の腕ですね!!

染め職人ができる、ギリギリのところをわかって、型紙を彫っていたなんてすごい…

そして、そのギリギリに対応できる板場の職人もすごい…


のりのあとは木のくず

ある程度、生地を重ねてのりおきをすると、今度は木のくずの中へ。

これはのりのベタベタをなくすためです。

次回は染め、紺屋の仕事です!


染めの工程が6月30日。

納期まで、のこり15日。

間に合うのか!?!?