KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

マニアックすぎます!生地選びのおはなし

こんにちは!

伊勢型紙とwebコンサルタントのハイブリッド職人、きむらあつしです! 


サヨコの無理難題浴衣、染め工場、どうなることやら…

と思いましたが、どうにかなりましたね!!


さて、今回はちょっとマニアックなお話し。

浴衣の生地についてです。


特岡と綿麻しじら?

生地って本当にたくさんあります。

ありすぎて、選びきれません…


代表的なものは特岡。

今回の#職人がみえるてぬぐいで使ったものもこれです。

染める綿の生地では一番いい生地ですね。


綿の生地には、文、総理、岡、特岡とあります。

それぞれは織の細かさで決まってきます。

文は織の目があらくなり、

特岡は目が細かくなってきます。


このような違いから、細かい模様を染める場合は特岡を使います。


綿麻しじらは、綿と麻を混ぜて織ったもの。

ちょっと硬い感じがします。

汗をかいてもさらっとしているので、浴衣にはもってこいですね!


サヨコさんの浴衣の生地は?

今回の浴衣の生地は綿麻しじらに。


森本さんと相談したところ

・綿麻しじらの方が高級感がでる

・せっかくのオーダーならしじらに

という、染め屋さんならではの見方です。


こうやって、職人同士が相談しあって、良いものを創るってなんかいいですよね!!


生地が決まったのは6月20日。

サヨコの無理難題浴衣、納期まで残り25日。

間に合うのか!?!?