KIMONO DESIGN mediaは伊勢型紙を彫って、宿泊できる「テラコヤ伊勢型紙」を三重県鈴鹿市に5月オープンします。現在、テスト宿泊者を募集しております。

詳細はこちらからどうぞ。

4月予定のテスト宿泊に関してはもう少々お待ちください。

オリジナル浴衣(2反〜)、てぬぐい(70枚〜)も制作します。詳細はこちらまで

胃が痛い…地染まりできる染め屋探し難航か?

こんにちは!

伊勢型紙とwebコンサルタントのハイブリッド職人、きむらあつしです! 


前回、 サヨコさんの一言でやることになった、オリジナル浴衣制作。

やるのはいいものの…

準備から大変すぎました…


問題が山積み!

デザインどうするの?

型は誰が彫るの?

染め屋さんはどこに頼むの?

そもそも7月半ばに間に合うの?


というかんじです。

なんにも決まってません!


それにてぬぐいの染め屋さんは知っていても、浴衣の染め屋さんなんて知りません!


頼りは、型紙の卸しをしている馴染みの型商、山本さんです。

サヨコさんから、電話をもらった、その足で山本さんちに。

図案と色見本を見せたところ…


山本さん「これはうちでは受けれへんわ〜得意先はてぬぐいばっかりやからな〜おっしゃ任せとけっ!って言いたいところやけど…」

ですよね〜…


地染まりって難しい

山本さんも浴衣の注文を受けてないわけではありません。

でも今回の染めは、とても難しいものなんです。


地染まり。


このように、柄の部分ではなく、背景に色をいれて、白で柄をあらわすことをいいます。


地染まりには

ムラが出たり、柄の白いところに色がはいりこんだり…

たくさんの壁があります。


それに、浴衣というのもとても大きなハードルです。

一箇所でも失敗すれば、1反すべてがB品になりますから。


なので、

・染め屋さんが地染まりの専門

かつ

・地染まりに慣れているベテラン職人(紺屋)

にしできないんです。


こんな染め屋さん、日本ではほとんど残っていません。


あれ?もしかして森本さんなら…

そんなこんなで、山本さんと相談しているときに…

山本さん「浜松ならできるんとちゃう?浴衣の本場やし。」


おっ!!

そうやん!!

浜松は注染で有名ですが、得意なものは浴衣なんです。

ちなみに大阪や関東の注染工場は手ぬぐいが主流ですね。


すぐに#職人がみえるてぬぐいを染めていただいた、森本さんに連絡!


森本さん「図案をみないとはっきり言えませんが、いけますよ!」

きむら「納期の7月半ばにも間に合いますか?」

森本さん「型紙が仕上がれば、大丈夫だと思います!!」


さすが浜松!

さすが森本さんです!!


とりあえず、染め屋さんは見つかりました!

同時に納期もクリア!!


お話をいただいたのが、6月8日。

染め屋さんが決まったのが、6月9日。

すごいスピード感です!


タイムリミットまで1ヶ月とちょっと…

ただデザインも決まってません…

どうなるのやら…